読書マンになる。

今年度から新社会人になります。昨年(大学4年時)から読書の魅力に気づき、色々な本を読んできました。本で学んだ知識や知恵を様々な方々と共有していけたらいいなと思っています。Twitter→@bookreadkun

「君の名は。」を読んで

 おはようございます。ちょっとブログ書くのにハマってしまっています。今まで読んできた本を久しぶりに読み返すと楽しいですね!今回は大ヒット映画の「君の名は。」の小説版(といっても映画と中身は一緒ですが)を読んだ感想を書きたいと思います。

f:id:bookreadkun:20170331152905j:plain

君の名は。』(新海誠 角川文庫)

 

 確かこの本を手に取ったのは本屋でレジに並んでいたらその横に「大ヒット映画!君の名は。」みたいな宣伝されていて最初は「特に映画も観る予定ないし、小説で読んでみよっかな?」みたいな軽い気持ちで手に取りました。(価格も560円+税だったし!)

家に帰って読んでいると夢中になっちゃってその日で読み終わっちゃいました。最後らへんで三葉と瀧が時空を超えて出会うところ(カタワレ時)は凄くおおーー!!ってなってました(笑)

 偶然にも読み終わった次の日に映画に誘われて、その映画がなんと「君の名は。

 昨日読んじゃったわーーーって思いましたが、映像でも見たかったため、観に行きました。小説を読んだときとはまた少し違った印象(物語ではなく、キャラクターのしゃべり方や雰囲気など)を感じ、観に行ってよかったです。

 とまあ、テンション上がって凄くダァーーっと述べちゃいました。

 少しネタバレになりますが、内容は主人公の三葉(田舎のJK)と瀧(都会の男の子)が定期的に身体ごと入れ替わります。お互い意味が理解できず、あくせくしますがこれが徐々に歴史を変える大きな出来事に発展します。

 映画で出てきたイタリアンレストランや歩道橋は実際のモデルが日本に多数あり、聖地巡礼で人気らしいですよ。

 個人的に、これは批判もあると思いますが、ラストシーンについて。三葉と瀧が出会わないほうがもっと良かったのにーーーなんて思いました。出会っちゃうのか~なんて思いましたが、完璧なハッピーエンドでしたね!

 普段はビジネス本ばかりですが、こういうアニメ映画の小説版もいいですね!

 皆さんは「君の名は。」は観たでしょうか?もしくは読みましたか?どのような感想をお持ちになられたか、ぜひお話をお聞かせください。また、こんな本を読んでほしいなどあれば是非紹介してくださると嬉しいです。