読書マンになる。

今年度から新社会人になります。昨年(大学4年時)から読書の魅力に気づき、色々な本を読んできました。本で学んだ知識や知恵を様々な方々と共有していけたらいいなと思っています。Twitter→@bookreadkun

「Another」上巻を読んで

 おはようございます。今日は入社前最後の日ですが、ずっと本を読んでいました。おそらく明日から新学年が始まる人が多いのではないでしょうか?色々大変だと思いますがお互いに頑張っていきましょう。

 今回は昨日Twitterでフォロワーさんの読んだ本で気になった本を買い、今日読み終わったのでその感想を書いていきたいと思います。

f:id:bookreadkun:20170402183508j:plain

『Another』上巻(綾辻行人 角川文庫)

 僕は普段はビジネス本や自己啓発本を中心に読んでいたのですが、Twitterを始めてから小説の魅力にも気づいてきました。もちろんこの本も最初は全く知らず、Twitterをやってなかったら永遠に読むことはなかったでしょう。

 さて、この本の大まかな概要を書きます。舞台はとある中学校の3年3組。そこに転校してきた主人公の「榊原恒一」はクラスにいた「ミサキ・メイ」という女の子に不思議な魅力を感じます。彼女に興味をもった榊原は話しかけにいきますがミサキは何故か、周りの人には見えていない、まるでいないかのような存在であることに気づきます。榊原はクラスの異様な雰囲気に違和感を感じながら彼女の正体を探ろうとするも、謎は解けるどころか深まっていくばかり。ミサキの机に書かれていた「<死者>は、誰?」の文字。すべては26年前の出来事から始まった。いったいこの3年3組という「世界」では何が起こっているのか、下巻へ続く小説です。

 この本はホラー系に入るのか、ミステリー系に入るのか、どちらか分かりませんが読んでいる間は心が重かったです。舞台は普通の中学校なのにその3年3組だけ異様に雰囲気が異なる、生徒だけでなく先生も何かが違うというまさに小説ならではの内容でした。

            

 この本を読んで思ったことは1つ。

ー皆さんは超常現象を信じますか?ー

 

続きが気になるので下巻も近々買って読みたいと思います。皆さんは『Another』をお読みになられましたか?もし既に読んだ方がいらっしゃいましたら是非感想を教えてください。また、こういう本も読んでほしいというのがあれば教えてほしいです。様々な著者から学んだ知識や知恵を皆さんと共有していきましょう!