読書マンになる。

今年度から新社会人になります。昨年(大学4年時)から読書の魅力に気づき、色々な本を読んできました。本で学んだ知識や知恵を様々な方々と共有していけたらいいなと思っています。Twitter→@bookreadkun

「スティーブ・ジョブズだったら、こうするね!」を読んで

 おはようございます。今日は金曜日!社会人を迎えて初めての土日を迎えます。社会人になってから朝から夕方まで職場に行き、家に帰ったら寝るだけの生活になり、まるで高校生に戻ったみたいだな~って思います。もちろん高校生の頃より責任感はありますが・・・

 ところで、どんな人が仕事ができるんでしょうか?僕は就職活動のとき、この質問を結構色々な面接官に問いかけていました。すると答えは一つではなく、会社によって違いました。「仕事が速い人」と答える人もいれば「ミスなく確実にこなす人」と答える人もいました。会社によって「仕事のできる人」の条件が異なるんですね。

 そこで今回は「仕事」にちなんで、アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏について書かれた本を読んだ感想を書いていこうと思います。

f:id:bookreadkun:20170407200946j:plain

スティーブ・ジョブズだったら、こうするね!」(桑原晃弥 あさ出版

 

 皆さんはアップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏をご存知でしょうか?

マッキントッシュiPod、そしてiPhoneを世にもたらしたカリスマ経営者というのがおそらく世間のイメージでしょう。

 しかし、彼は決して成功ばかりしているわけではありません。アップルをクビになり、当時は「世界一有名な失業」と言われたこともあったくらいです。そのあとNeXTを設立するも、なかなか製品の売れ行きはイマイチ・・・しかし彼は決してあきらめませんでした。どんなに失敗を重ねていても「自分は正しい」と信じ続け、常識にとらわれない行動をしてきました。その結果、ピクサーで成功し、またアップルへ戻ることになったのです。

 この本にも書かれていますが、未来の扉を開けられるかどうかは、周囲の人がいくらノーと言っても、「自分が正しく、それと違う考えは全部間違っている」と思い込めるかどうかにかかっているとジョブズ氏は語っています。

 ジョブズ氏の行動は時には「やりすぎだろっ」と思うものもありますが、某番組でも言われていたように、世界を変えるにはこれくらいの激烈さがなければいけないんだなと改めて思いました。

 この本には問題にぶち当たったときにジョブズ氏がどのような行動をするか、細かく書かれています。「動く気ゼロの相手を動かしたい」「巨大なライバルが参入してきた」「かつてのやる気が薄れた」など、様々な問題がありますが、あなたならどう解決しますか?もちろん正解はありませんが、ジョブズ氏の行動を参考にしてみるのもいいと思います。

 皆さんは『スティーブ・ジョブズだったら、こうするね!』をお読みになられましたか?もし読んだという方がいらっしゃいましたらぜひぜひ感想をお聞かせください。様々な著者から学んだ知識や知恵を共有していきましょう!

 

この記事がいいなと思った方は下にある☆マークのお気に入りボタンを押していただけると嬉しいです。また毎日更新しているので「読者になる」のボタンも押していただけると嬉しいです。これからもよろしくお願いします!(^^)!