読書マンになる。

今年度から新社会人になります。昨年(大学4年時)から読書の魅力に気づき、色々な本を読んできました。本で学んだ知識や知恵を様々な方々と共有していけたらいいなと思っています。Twitter→@bookreadkun

「黒子のバスケ」ReplacePLUS1巻を読んで

 おはようございます。今日は金曜日ですね!明日から土日で少し休めそうです。読みたい本もたくさんありますし、ブログもたくさん書きたいと思います。

 昨日マンガは読書に入るのか?ということについて僕の個人的な意見を述べました。僕の結論はマンガは読書に入る!ということだったので、今日はこれを買ってきました(今回は『黒子のバスケ』を知らない人じゃないと意味不明かもしれません)。

f:id:bookreadkun:20170421213937j:plain

黒子のバスケ Replace PLUS1巻』(藤巻忠俊  集英社

 今日、友人から『ジョジョの奇妙な冒険』という漫画をオススメされて本屋に行ったら『黒子のバスケ』の続編(?)みたいなものが出ているじゃないですかーー!本編が凄く好きだったのでついつい買っちゃいました。全部で6巻くらいあったような気がします。

 さて、今回は1巻だけ買ってとりあえず読んだんですが、内容は帝光中学校時代のキセキの世代たちの日常の様子と、最後に少しだけですが海常高校のメンバーのとある夏休みの二部構成です。

 帝光中時代の話の内容はキャプテンの赤司はほとんど登場せず、他のキセキの世代と黒子、桃井の6人がわちゃわちゃしてるだけでしたww

 少しだけ、面倒な高校生たちとストバスしてるところもありましたが、それ以外にバスケの描写はありません。ホントに「The 日常」という感じです。

 海常高校の夏休み編の内容は黄瀬を含めたスタメン5人がナンパに挑戦していました。笠松の意外な部分が見れて面白かったですww

 これは2巻以降も読むしか・・・ないですね!

 ちなみに友人にオススメされた『ジョジョの奇妙な大冒険』もこれから読んでみます。

 皆さんも色々オススメのマンガがあれば教えて欲しいです。この記事が良いなと思っていただけたら下の☆マークを押していただけると嬉しいです。また、このブログは毎日更新しているのでぜひ「読者になる」ボタンを押してください!(^^)!

 よろしくお願いします。