読書マンになる。

今年度から新社会人になります。昨年(大学4年時)から読書の魅力に気づき、色々な本を読んできました。本で学んだ知識や知恵を様々な方々と共有していけたらいいなと思っています。Twitter→@bookreadkun

「2022ーこれから10年、活躍できる人の条件」を読んで

 おはようございます。今日からまた久しぶりの仕事でした。今のところ5月病は大丈夫そうです笑( ;∀;)

 今回はこの本を読んだ感想を書いていこうと思います。

f:id:bookreadkun:20170508193656j:plain

『2022ーこれから10年、活躍できる人の条件』(神田昌典 PHPビジネス新書)

 この本自体は2012年に出版されました。2012年の時点での10年後を予想し、これから活躍できる人はどんな人かを書いています。

 「歴史は70年毎に繰り返されている」「人生を7年の節目で分ける」など、面白い意見もたくさんありましたが、そこは正しい保証はないのでこのブログには書かないでおきます(笑)気になる人はぜひ読んでみてください。

 さて、この本で一番共感したのはこれからの社会は「エクス・フォーメーション」が大切だと著者の神田さんが書いていたことです。

 「イン・フォーメーション」とはその言葉通り、内(イン)に形創る(フォーム)。外からの情報を受け入れて、自分の中に認識を形創ることです。

 それに対して「エクス・フォーメーション」とは外(エクス)に形創る(フォーム)。つまり自分の中にある認識を外へ発信することです。

 インターネットが普及するまでは情報(インフォメーション)を得ることが重視されてきましたが、今では外へ自分の形創った認識を出していくのが重視されています。

 それはなぜか?

 現在、情報はインターネットで検索して調べればいつでも手に入ります。誰でも情報を簡単に得ることができるようになった今、必要なのは「検索不可能(独創的)な考え」です。単純に得た知識よりもオリジナルな意見が大切な世の中になっているのです。

 もちろん「エクス・フォーメーション」していく方法もインターネットの普及でより簡単になりました。TwitterYoutube、そして僕が書いているこのブログも「エクス・フォーメーション」の方法の一つです。

 たくさんの人たちが独創的なアイデアを共有できるようになったからこそ、世界は今もの凄いスピードで進化していっています。

 10年前、今の世界で「歩きスマホ」が問題になっていることを予想出来ていた人はいないでしょう。5年前、今ほどYoutuberという芸能人をも脅かす職業が出てくることなんてほとんどの人が予想できなかったでしょう。1-2年前ですら、VRという新しい技術のゲームが出てきたり、GPSを用いた位置情報を利用した「ポケモンGO」が流行ることを予想できませんでした(一部を除いて)。

 それくらい「エクス・フォーメーション」が大切です。僕もこれからもブログを書いたり、Twitterで色々な情報を得て発信したりしていきたいと思います。

 それでは今日はこのへんで!

 

 この記事が良いなと思っていただけたらぜひ下の☆マークを押していただけると嬉しいです。またこのブログは毎日更新しているのでぜひ「読者になる」ボタンを押してください。

 よろしくお願いします!(^^)!