読書マンになる。

今年度から新社会人になります。昨年(大学4年時)から読書の魅力に気づき、色々な本を読んできました。本で学んだ知識や知恵を様々な方々と共有していけたらいいなと思っています。Twitter→@bookreadkun

Twitterで読書の幅は広がる。

 おはようございます。本日2度目のブログ投稿になります。

 かれこれTwitterを始めて1ヶ月半、ブログを始めてからも1ヶ月半が経ちました。最初のころはTwitterで何を呟けばいいのか、ブログではどうやって文章書けばいいのかな~?と一つ一つに悩んでいました。今ではだいぶ書くスピードも上がっているので自分でも成長を感じています(まあ、まだまだ未熟ですが(笑))。

 今回はTwitterを始める前と始めた後での読書の変化について書こうと思います。

 元々Twitterを始める前はビジネス書や自己啓発本を読んでいたのですが、意外とTwitterの読書アカウントの方々は小説を読んでいる方々が多かったんです。

 「お~。そんなに面白いのなら読んでみよっか!」と、Twitterを始めたばかりの頃に仲良くなったフォロワーさんが紹介してくれた小説を買って読みました。それ以降日常的に小説を読むようになりましたが、小説って面白いですね!

 ビジネス書や自己啓発本って主張したいことや大切な事を直接書いてくれるんですけど、小説ってストーリーを通して大切なところや著者が伝えたいことを「感じ取ってください」って感じじゃないですか。同じストーリー系の漫画なら絵もあるし分かりやすいんですが、小説って活字だけなのでいくらでも想像が膨らむし、得る情報も人によって変わってくると思うんです。

 色々な方々のツイートを見てて、小説の感想ツイートには「あっ!そういう見方もあるのか!」と思うことがビジネス書や自己啓発本に比べて多いです。

 これって僕だけですか?皆さんはどうでしょうか?ぜひ皆さんの意見も聞きたいです。

 Twitterやブログを始めて元々好きだった読書の幅がさらに広がりました。これからも色々な本を読んでいきたいと思います。

  

 この記事が良いなと思っていただけたら下の☆+マークを押していただけると嬉しいです。またこのブログは毎日更新しているのでぜひ「読者になる」ボタンを押してください。

 よろしくお願いします!(^^)!