読書マンになる。

今年度から新社会人になります。昨年(大学4年時)から読書の魅力に気づき、色々な本を読んできました。本で学んだ知識や知恵を様々な方々と共有していけたらいいなと思っています。Twitter→@bookreadkun

『私の財産告白』を読んで

 おはようございます。今日は金曜日!ついに週末です。今週は凄く速く時間が過ぎましたが、充実していたのかな?

 それでは、今回はこの本を読んだ感想を書いていこうと思います。

f:id:bookreadkun:20170519214205j:plain

『私の財産告白』(本多静六 実業之日本社 1000円+税)

 「金儲けは理屈でなくて、実際である。計画でなくて、努力である。予算でなくて、結果である。その秘伝はとなると、やっぱり根本的な心構えの問題となる。」

 この本では投資家である本多静六さんが主に「お金」の使い方や増やし方について書いています。

 僕がこの本を読んだのは昨年末頃ですが、読んだ感想としては「当たり前じゃん!」という感じでした。斬新な発想や凡人にはできないという内容ではなく、誰にでも実行可能な内容だったということです。

 具体的な内容としては「収入の4分の1、また臨時収入は全て貯金し、貯金利子を利用」「本職以外のアルバイトをする」「お金がある程度溜まってきたら投資をする」などなど。

 ただ、本多さんの頃と今とでは時代も違うのでいくつか実際には実行できない点もあります。収入の4分の1を貯金するの良いとしても、今の時代にあってないような貯金利子を利用する価値はないですよね。本職以外のアルバイトも(最近では副業を認める会社が増えてきたものの)、まだまだほとんどの会社が禁止しています。

 そこでこの本は具体的なお金の増やし方というよりは「お金に対する考え方」という視点で読んだほうがいいかもしれません。

 何のために僕らはお金を貯めたり増やしたりしたいのか?

 本多さんは「寄付」を理由にあげています。別に理由はなんでもいいと思いますが、お金持ちになった人というのは皆共通してお金を手に入れてから先の目標があります。それについても本多さんは本に書いているのでぜひ気になった方は参考にしてみるといいと思います。

 「お金」に対する心構えを僕もこれから学んでいきたいと思います。

 

 この記事が良いなと思っていただけたら下の☆+マークを押していただけると嬉しいです。またこのブログは毎日更新しているのでぜひ「読者になる」ボタンを押してください!

 よろしくお願いします!(^^)!