読書マンになる。

今年度から新社会人になります。昨年(大学4年時)から読書の魅力に気づき、色々な本を読んできました。本で学んだ知識や知恵を様々な方々と共有していけたらいいなと思っています。Twitter→@bookreadkun

「20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる」を読んで

 おはようございます。今日は仕事終わりに本屋に行ってきました。また新たに数冊買ったので近いうちにブログにアップしていきます。

 それでは今回はこの本を読んだ感想を書いていこうと思います。

f:id:bookreadkun:20170521210649j:plain

『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』(千田琢哉 日本実業出版社 1200円+税)

 この本を読んだのは昨年の夏頃だったと思います。先月くらいにこの本を読んだ感想をブログにあげたと思っていたのですが、どうやらアップし忘れていたみたいです(笑)

 20代の過ごし方・・・

 ちなみに僕の周りは若いうちしか遊べないんだから20代は遊ぶよ!という人たちが多いです。僕は・・・どうなんだろ?あまり分かりません。

 この本には20代のうちにやっておくことを色々書かれていますが、その中でも僕が面白いなと思ったことを書いていこうと思います。

「10代でハマった漫画をもう一度読んでみる。」

  以前のブログで漫画は読書に入るのか?というような内容のことを書きましたが、そのときの僕の結論は漫画からも色々なことが学べるという理由から読書に入るとしました。

 大人になってから昔読んだ漫画を読んで「10代の頃は、どうしてこんな大切な部分を見落としていたのだろう」「昔の自分は、読んでいたつもりになっていただけで、本当はまったく読めていなかった」と思うことが絶対にあると千田さんは書いています。

 僕も同感ですし、漫画に限らず、子供の頃に見ていたものならなんでもいいかなと思います。

 例えば仮面ライダーとか。

 僕は小さいころ仮面ライダーをよく見ていました。当時は話の内容など頭に入らず戦闘シーンしか楽しめていなかったのですが、大学生のときにふと久しぶりに昔見ていた仮面ライダー見たいな~と思って研究の合間によく見ていました(笑)

 周りからは「何見てんの(笑)」とツッコまれていましたが(笑)

 意外と見てみると内容も面白いですよ。最終話までの伏線だったり、主人公の信念や仲間の大切さとか、たくさん学べるものがありました。

 というか、たぶんあれは小学生には理解できない内容なので、仮面ライダーって意外と大人向けにも作られているのかな~なんて今では思っています。

 話は少し逸れましたが、この本には他にも様々な「20代のうちにやっておくこと」が書かれています。「勉強力」と一言で言っても、学問的な勉強だけではないということですね!特に学生の方々に読んでほしいなぁ~と思った1冊でした。

 

 この記事が良いなと思っていただけたら下の☆+マークを押していただけると嬉しいです。また、このブログは毎日更新しているのでぜひ「読者になる」ボタンを押して欲しいです(^o^)/

 よろしくお願いします!(^^)!