読書マンになる。

今年度から新社会人になります。昨年(大学4年時)から読書の魅力に気づき、色々な本を読んできました。本で学んだ知識や知恵を様々な方々と共有していけたらいいなと思っています。Twitter→@bookreadkun

「半径5メートルの野望」を読んで

 おはようございます。近いうちに引っ越す予定があるので最近物件探しで大変です・・・どこが良いんだ・・・

 まあそれは置いておき、今回はこの本を読んだ感想を書いていこうと思います。

f:id:bookreadkun:20170528200906j:plain

『半径5メートルの野望』(はあちゅう 講談社文庫 600円+税)

 人気ブロガーであり作家でもあるはあちゅうさん。Twitterで繋がっている方がリツイートしてきてはあちゅうさんの存在を知りました。気になってフォローしてみたのですが、呟く内容に共感することが多かったので本も買ってみました。

 この本は、はあちゅうさんがブログを始めた当時から現在までの壮絶な人生経験から学んだ教訓が書かれています。ブログを始めた当初は世間から様々な批判を受けたり、仕事の関係者から理不尽な要求をされたりとかなり苦しい経験が多かったようですが、いつか本を書きたい、有名になりたいという強い意志で乗り越えてきました。

 大学時代には25社の協賛企業がスポンサーとなってくれて、世界一周をタダでやったらしいです(◎_◎)もちろん色々企業から課題みたいなのを出されたみたいで大変だったらしいですが、大きな経験になったとはあちゅうさんは本で書いています。

 僕は堀江貴文さんが好きで堀江さんの本を結構読んできましたが、はあちゅうさんも変に他人を頼ったりせず、時間を大切にし、大きな野望を持っているところは堀江さんに似ているなと感じました。

・選択肢をそぎ落とし、シンプルになる

・我慢して批判を受けるより、好きなことをして受けたほうがマシ

・とにかく楽しいことを追いかける

 こんな感じの似たようなことを堀江さんも言ってますよね(^o^)

 あとははあちゅうさんの考え方(承認欲求への思考など)がアドラー心理学の『嫌われる勇気』の内容と結構似ていたように感じます。

 僕も『嫌われる勇気』を読んでから考えが変わりましたが、はあちゅうさんの本のほうが『嫌われる勇気』より先に出版されているので、はあちゅうさんはそんなに早くからこの思考が身についていたのかと驚きです。

 はあちゅうさんをはじめ、成功していく人は自然とアドラー心理学の考えに近づいていくのかな~と最近思ったりもしています。

 僕もこのブログからどんどん自分の意見を発信していこう!!

 

 この記事が良いなと思っていただけたら下の☆+マークを押していただけると嬉しいです。また、このブログは毎日更新しているのでぜひ「読者になる」ボタンを押してほしいです!

 よろしくお願いします!(^^)!