読書マンになる。

今年度から新社会人になります。昨年(大学4年時)から読書の魅力に気づき、色々な本を読んできました。本で学んだ知識や知恵を様々な方々と共有していけたらいいなと思っています。Twitter→@bookreadkun

おすすめのビジネス本 PART2

 おはようございます。今日は引越しの新居探しで部屋を内見しに行っていました。気に入ったところがあったのでサクッと決めてきました!それにしても、毎日暑い・・・

 昨日に続いて、今回も2冊ほどオススメのビジネス本を紹介したいと思います。ビジネス本とか読んでみたいけど、難しそうで嫌だな~とか思う方もいらっしゃると思いますが案外読んでみると楽しいですよ(*^-^*)

f:id:bookreadkun:20170507210218j:plain

『ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね』(堀江貴文 西村博之 集英社) 

 表紙にもある通り、仕事や教育、メディア、IT、政治など、様々な観点から堀江さんと西村さんが話し合っていました。「今現在の日本っておかしなところが多いよね!」という感じでとにかく様々な点から指摘しています。しかも堀江さんとひろゆきさんの2人ですから、かなり強めに批判しているのは分かる人には分かるでしょう(笑)

常識を疑えば未来が開ける 

  この本を読んで僕自身、常識に縛られすぎていたんだなとかなり後悔しました。しかもこの本は二人の対話形式で書かれていますが、実はこれLINE上の会話をまとめただけなんです。つまり実際に二人が会って話し合ったわけではなく、LINE上で話し合ったのを編集者がまとめたんです。

 「討論は会ってするもの」という常識に縛られないのはこういうところにも表れていました。

 頭を柔軟にしたい!斬新な考えが欲しい!という方におすすめの1冊です。

 

f:id:bookreadkun:20170515193819j:plain

『VRビジネス最前線』(VRビジネス研究会 技術評論社)

 昨年はVR元年とも言われ、2016年6月に予約受付を開始した「PlayStation VR」はわずか数分で完売しました。この本では1968年に初めてHMDが作られてからの歴史や、HMD自体の仕組みを詳しく説明したり、VRが将来どのようなビジネスを生み出していくのか色々書かれていました。

 ゲームのイメージがまだまだ強いVRですが、実はもうあらゆるビジネスの場面で使われ始めています。不動産業や観光業、医学など。

 しかも、この本は表紙の左上にも書いてある通り、60分程度(僕は80分くらいかかりましたがw)で1冊読めちゃいます。絵や写真などもたくさん活用していて読んでて飽きませんでした。

 新たなビジネスが知りたい、もしくはVRって何?という方にオススメの1冊です!

  

 この3日間は僕が今まで読んできた本の中からオススメの小説やビジネス本を挙げました。また読んだ本が増えてきたらたまにこういう感じの記事を書きたいと思います。

 明日からはまた読んだ本の感想をそれぞれ書いていこうと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 この記事が良いなと思っていただけたら下の☆+マークを押していただけると嬉しいです。またこのブログは毎日更新しているのでぜひ「読者になる」ボタンを押してほしいです('◇')ゞ

 よろしくお願いします!(^^)!