おーみん@仮想通貨日記

仮想通貨を中心に様々なジャンルをお届けします。

Lisk Coreの"Binary"部分をやってみたよ~。

おはようございます。おーみんです。

Lisk Coreの「導入の導入部分」を今日は触ってみました~。

参考にしたページはLisk Coreの「Binary」部分。

※Liskホームページ⇒(右上の)Documentation⇒(左の欄)Lisk Core [Pre-Installation]⇒Binaryで参考ページに辿り着けます。

f:id:bookreadkun:20180407235451p:plain

簡単に言うと、この章ではLinuxを用いてLiskのユーザ作成を行います。

ユーザ作成というのは、アカウントを作るような感じです。

Liskノードのインストール前にちょこっと準備しなきゃいけないようなのでやってみますか!(^-^)!

といっても、私はLinuxはほぼ触ったことなし、仮想マシンを1から立てたこともないのでBinaryのページを見てもさっぱり・・・・

と、とりあえず、まずはLinuxのインストールと仮想マシンの設定から開始しました。

こちらのサイトがもの凄く分かりやすく、参考にさせていただきました。

【初心者でもわかる】Linux CentOSのインストール方法まとめ

【初心者でもわかる】VirtualBoxインストール方法を詳しく!

ほとんどキャプチャは撮っていないのですが、仮想マシンを立ててLinuxのインストールをして・・・(ほぼ終わりかけ)。

f:id:bookreadkun:20180407234746p:plain

Linux上でLiskのユーザ作成をしていきます。

f:id:bookreadkun:20180407235055p:plain

再起動して完成。

f:id:bookreadkun:20180407235259p:plain

当然ですが、LiskでログインするとrootユーザはLiskです。

 

とりあえずこんな感じでした。

明日以降、また先に進めていきたいと思います。

 

「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。