おーみん@仮想通貨日記

仮想通貨を中心に様々なジャンルをお届けします。

Lisk Core 1.0.0 β版 内容の和訳とまとめ

おはようございます。おーみんです。

(日本時間の)2018年4月9日にLisk Core 1.0.0のβ版がついにリリースされました。Liskの公式blogでも記事が書かれていたため、今回はその記事の和訳と個人的なまとめを書いていこうかな~と思います。

いつも通り原文+和訳の順番で書いていきます。今回はどちらかというと告知っぽい感じなのでサクッと和訳していきます。

 

f:id:bookreadkun:20180410150650p:plain

<和訳>

Lisk Core 1.0.0 (オープンβ版をリリースしました。より細かくテストを行い、Reddit AMAで質問を受け付けたり、状況を告知していきます。)

 

【画像】

 

Liskは何よりも品質を重視しています。今回、スケジュール通りにLisk Core β版をリリースできたことを嬉しく思っています。

f:id:bookreadkun:20180410151437p:plain

<和訳>

Lisk Core 1.0.0 β版についてさらに細かくテストを行います。

 

Lisk財団は見落としのないように完璧にテストを行った製品を発表することに専念しています。そのために、テストのプロセスを2段階に分けました。それがBetanetTestnetです。

 

ではBetanetって何なのでしょう?

今回Lisk Core 1.0.0の展開にあたって、Lisk側で仮のネットワークを作りました。このネットワークにはジェネシスブロック(最初のブロック)があり、ジェネシスデリゲート(一人目の承認者)が管理することで成り立っています。そこからDevOpsチームがすべてのデリゲートノード(承認者たち)を管理していきます。

約1週間その環境で確認を行ったあと、このテスト環境に様々なユーザを参加させていこうと思っています。Betanetでこのようにユーザを変えていくというのは実際の環境でもCore 1.0.0が使えるものなのか確認するためでもあります。

コードに支障がないか確認していくことで本環境で悪影響の出る危険性を回避します。Betanetでのテストが完了した後はTestnetへ移行します。そしてその環境でのテストも終わり次第、正式版のCore 1.0.0がリリースされます。

f:id:bookreadkun:20180410154712p:plain

<和訳>

Betanetでのテストに参加する方法

 

ノード同士の同期をした後、Lisk Coreを使用して新しいAPIを操作します(ただし、本リリースまではLisk ElementsとLisk CommanderはそれぞれLisk JS、Liskyという名前のままです)。最終的にはデータベースの移行が正しく機能していることを確認できるでしょう。

f:id:bookreadkun:20180410155959p:plain

<和訳>

Reddit AMAの告知

 

Lightcurve開発チームはこのβ版のリリースに対する質問を受け付けるためにReddit AMAを開きます。ぜひ情報を受け取るためにも登録をよろしくお願いします。今後数週間でCore、Elements、Hub、Commanderの機能を含めたLiskの1.0.0リリースに関する情報を提供致します。

 

この期間はLiskの開発陣にとっては非常にワクワクする時期でもあります。

皆さんの期待は絶対に裏切りません。新しい未来を築くべく、これからも頑張っていきたいと思います。

 

Lisk財団

 

終わりです。

まあ見た感じだと、Core1.0.0の正式版はまだまだ先っぽいですね(笑)

気長に待つとしましょう。少し開発環境にも触れていこうと思います。

では!

 

「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。