おーみん@仮想通貨日記

仮想通貨を中心に様々なジャンルをお届けします。

【Lisk Academy 和訳】ブロックチェーン技術 ✕ 不動産

おはようございます。おーみんです。

最近不動産会社がブロックチェーンを導入しようかな~みたいなニュースをよく見ます。

ブロックチェーンと不動産会社にどんな関係があるんだろ?

というわけで、今回もLisk Academyから内容を翻訳していきたいと思います。

翻訳箇所は " Blockchain Technology and Real Estate " です。

以下のサイトより引用し、翻訳しています。

lisk.io

いつも通り原文+和訳でいってみましょう。

(今回はなるべく分かりやすく伝えるために、原文をかな~り意訳しています。忠実な和訳ではないのでご了承ください。)

 

f:id:bookreadkun:20180412165026p:plain

<和訳>

ブロックチェーン技術と不動産

この章ではブロックチェーンが不動産業界にどのような影響を及ぼすのか説明していきたいと思いまーす。

 

ブロックチェーン技術を利用することで、不動産業者は家を買おうかな~と思っている人と売りたいな~と思っている人をより簡単にマッチングできるようになるよ~。

ここでは、とある不動産物件を部分別に分けて売りに出すというシチュエーションで考えてみよう!例えば、屋根の部分にだけ投資!とか玄関に投資!とかみたいに物件を分割して売りに出すということができるようになるよー!

何故かと言うと、ブロックチェーン上に「トークン」として何でも売りに出せるからです!(たぶんこの家の屋根部分はAさん、玄関はBさんみたいに書き込むんだろうな~。)

もちろん、それなら金額も小さいので参入するのにそんなに億劫にもならんだろうし、購入しようかな~って悩む時間も減るんでない?

こんなふうにして、新たな取引ができるようになるよー!

↓↓下図は不動産を部分部分に売買するイメージ↓↓

f:id:bookreadkun:20180412171317p:plain

f:id:bookreadkun:20180412171519p:plain

<和訳>

まあ詳しくはスマートコントラクトを使っているんだけどね。

f:id:bookreadkun:20180412172813p:plain

<和訳>

注意事項:スマートコントラクトで自動化ができてブロックチェーンてスゲーと思うかもしれないけど、既存の不動産業者にも良いことがあるのです。今までの不動産業界では、取引の間にいる仲介人が変わったりするときに、次の人との書類の引継ぎが大変だったりしたけどブロックチェーンを用いることでその引継ぎも容易に行えるようになるぞ!(ここは原文に詳しく理由がかかれていなかったのですが、おそらくブロックチェーンに書き込んでいるため、改ざん不可能な書類を引き継げるという意味でスムーズに引き継げるという意味だと思います。)

 

f:id:bookreadkun:20180412173827p:plain

<和訳>

ブロックチェーン技術はどのように不動産業界を改善させるのだろう?

まあ、とりあえずは賃貸物件でしょう。売主も借主も仲介人も全員がその不動産について共有することができる(売主情報やら不動産の取引履歴とか)。例えば借主がこの物件借りたいな~と思ったらその賃貸料を払う。そしたらスマートコントラクトによって自動で家を借りることができるみたいな仕組み。家賃を払わなかったらいきなり家の鍵がロックされて、「はい、契約違反なので家に入れません」みたいな感じになるわけだ。ブロックチェーンは改ざんが不可能だから、色々嘘もつけないんだなぁ。

 

あとは世界中の不動産に投資する場合とかかな。世界中の物件に投資する際に「あの家のあの部分買いたい~」みたいな少額投資においてもブロックチェーンなら速いスピードで決済できる!(ここの訳は正直微妙です。雰囲気はこんな感じだとは思う)f:id:bookreadkun:20180412182159p:plain

<和訳>

不動産において、ブロックチェーンを用いると上記に示したような利点があるけど、色々な民間機関や政府も認識はしてきているみたい。

 例えばアメリカのバーモント州やアリゾナ州ではスマートコントラクトと不動産取引に関しての法律を定めたりしている。これからスマートコントラクトが不動産業界に広まっていくと色々な仲介者が減っていくだろうな~。

 

終わりーー!!

今回はかなりザックリした和訳ですが、意外とこっちのほうが理解してもらえたりするかな~と思ったり( *´艸`)(笑)

Lisk Academyではこのようにブロックチェーンの勉強もできるのです。原文が英語なのでアレですが、無料で読めるので個人的には英語の勉強と思っています。

一応Lisk Academyのリンクも貼っておきますね!

Welcome to the Lisk Academy | Lisk

また、色々翻訳していきたいと思います。

 

では!!!!

「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。