LiskのDPoSシステムで51%攻撃が起きる確率は低い。

f:id:bookreadkun:20180620224619p:plain

LiskのDPoSシステムについて

おはようございます。おーみんです。

最近、仮想通貨に関するブロックチェーンにて51%攻撃というものが話題になっています。51%攻撃について知らない方は以下のサイトをご確認ください。

51% 攻撃とは | ビットコインの購入/販売所/取引所 【bitFlyer】

しかしながら、この攻撃が起きるのは時価総額の低い通貨であるため、ビットコインなどは大丈夫です。(量子コンピュータ等が出たらどうなるか分かりませんが・・・)

Liskなら51%攻撃は起こる可能性は低い!

ビットコインなどの通貨が「PoW」というコンセンサスアルゴリズムを用いているのに対し、Liskは「DPoS」という仕組みを用いています。DPoSの仕組みが分からない方は以下のリンクにて説明していますのでどうぞ~。

【Lisk Academy 和訳】DPoSってどういう仕組み?? - おーみんのなんでもブログ

DPoSをはじめ、PoS系の仮想通貨ではブロックを承認するのに通貨の保有枚数が一番関係してきます。

PoWなどで問題になっている過剰な電気代などを気にする必要がないので良いですね!

保有枚数が多いのなら通貨の価値を落とす方向ではなく、通貨に協力して価格を上げていったほうが良いですよね!

せっかくたくさんLSKを持っていても自身が不正な行為をしてLSKの価値が落ちてしまっては元も子もありませんし、メリットもないですw

 

実際、今のところ51%攻撃が成功したコンセンサスアルゴリズムは「PoW」のみであり、Liskの「DPoS」を採用している仮想通貨で同様の攻撃が成功したことはありません。

Liskのセキュリティシステム

しかもLiskは不正な取引が起きた際に自動でブロック生成が起きるというとてつもないセキュリティシステムまで備えています。ブロックが分岐するのを避けるためにブロックを生成を止めるという仕組みであり、攻撃が成功したとしても攻撃の種類によっては自動で対処してくれるのですw

実際に過去に不正なトランザクションがネットワークにブロードキャストされた際に自動でブロック生成がストップしました。

 

これから伸びてくる通貨だと思います。

とはいえ、投資は自己責任なのでしっかり勉強して慎重にやっていこうと思います。

なんだかんだ言って、やはり仮想通貨は技術的には黎明期なので実際に世の中に浸透していくかは分かりませんのでw

 

ま、浸透していくと思いますけどね!(笑)

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。