LiskがTrezor oneに対応しました。

LiskがTrezor oneに対応

f:id:bookreadkun:20180620224619p:plain

おはようございます。おーみんです。

LiskがハードウェアウォレットTrezor oneに対応したことを発表しました。

Liskがハードウェアウォレットに対応したのは初!

ちなみに今まではLiskに対応しているウォレットはNanoとHubだけでした。

ウォレットが分からない方は以下のリンク先で勉強してきてください(笑)

仮想通貨のウォレットとは?初心者向けに種類と使い方を解説。 : まだ仮想通貨持ってないの?

Liskは今までハードウェアウォレットに対応しておらず、Web上にてオフラインで管理するしか安全な方法がありませんでした。まだまだ知名度が低いので、人気のあるビットコインやイーサリアムに比べて後回しにされちゃっているのですね・・・

でもでも!ついにハードウェアウォレットに対応しましたので、安心感は少なからず広まっていくのではないでしょうか?

しかしながら、ハードウェアウォレットに保管したとするとVoteはどうやるんですかね?(笑)

そこはちょっと分からないので今後やり方が発表されるのを待ちたいと思います。

 

ちなみにですが、仮想通貨の保管には本当に気を付けてください。コインチェック事件やマウントゴックスで嫌というほど体感したと思いますが、取引所に置いたままだと、その取引所がハッキングなどでやられた際に自分の仮想通貨もごっそり持っていかれます。

短期トレードをするなら話は別ですが、長期ガチホするならば自身の専用ウォレットで保管するのが当たり前です。

今回はLiskがTrezorに対応しましたが、ビットコインやイーサリアムなどは既に対応しています。大切なお金は自身でちゃんと保管してください。

コインチェックのようにハッキングされた分がしっかり返金されるなんて稀ですよ。

 

ということで、最後まで読んでいただきありがとうございました。

Twitterではさらに速く情報を発信していますので、よろしければぜひフォローしてください。

ブログの方も「読者になる」ボタンを押していただけると嬉しいです。