『まだ東京で消耗してるの?』から学ぶ移住の大切さ

『まだ東京で消耗してるの?』

おはようございます。おーみんです。

「移住」

ごちゃごちゃした都会を忘れてどこか田舎にでも行きたいな~と思うことがあるかと思います。しかしながら、僕らは田舎に行ってしまうと働く場所がなくなってしまうと思いこんでいます。

そんな不安を払拭してくれる本を今日は紹介したいなと思います。

書籍紹介

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)

 

『まだ東京で消耗してるの?』 イケダハヤト  800円+税  幻冬舎新書

読んだ感想

 

イケダハヤトさんと言えば、炎上ブロガーなイメージがあるかもしれません。いつもTwitterで煽りの意見を言って文句を言われている・・・という感じ。実際には違うのですが、この本でもさっそくタイトルから煽ってきていますね~(笑)

 

イケハヤさんは元々東京の多摩市付近に住んでおり、そこから高知県の限界集落へ移住しました。元々ブロガーというのは、パソコンとネット環境さえあればどこでも仕事ができるのでどこにでも移住できるのが強みです。

なんとも羨ましい・・・(笑)

f:id:bookreadkun:20180502133804j:plain

これは凄い・・・月3万円でこんな良い家に住めるとは!!

イケハヤさん曰く、東京で35年ローンを組んで家を買うなんていうのはバカバカしいし、その思考が理解できないとのこと。

これは僕も同感ですね。実際に知り合いで同じ状況の人がいるのですが、毎月ゼーゼー言っていますよw

給料も上がらないし、ましてや35年間働き続けられる保障もありません。普通に賃貸で安いとこに住めばいいのに。

f:id:bookreadkun:20180502134537j:plain

なるほど。これに関しては言われてみれば納得はしますが、実際にど田舎に住んだことがないので何とも言えないです(笑)

地方発のイノベーションとかってありますかね??僕がそんなに調べていないだけ??

 

ただし田舎の中には新しく来た人たちを受け入れない「閉鎖的な田舎」もあり、そこに移住した際には、、、本当にやってられないとのこと。

移住する際には、移住先をしっかり調べて行くほうが良さそうですね。

 

僕はなんだかんだ東京も好きなので千葉に住んでいますがw

好きとは言っても東京は家賃高いから「住みたい!」とは思わないですねとりあえず(笑)

 

ということで!

では!

「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。