猫カフェ「MOCHA」にて猫パルボウイルス発生も強制営業

猫パルボウイルスが蔓延しても強制営業

おはようございます。おーみんです。

皆さんは猫カフェというものに行ったことがありますか?

そうです。猫と遊べるお店のことです(←雑w)。

 

僕も何度か遊びに行ったことがあるのですが、今日はこんなニュースを見つけてしまったので共有します。

nlab.itmedia.co.jp

 

東京都の立川の猫カフェ「MOCHA 立川店」にいる一部の猫が猫パルボウイルスに感染してしまいました。

 

猫パルボウイルスとは??

非常に死亡率の高い病気です。

ワクチンを接種していない猫への感染率は100%といわれ、子猫の場合は死亡率が75~90%になるとのこと。

 

初期症状は発熱や食欲不振であり、一般的な病気と区別がつかないこともあるために厄介です。

 

強制営業によりネット上で炎上

その猫パルボウイルスに感染した猫がMOCHA 立川店にいたらしいのですが、どうやら社長が営業を中止を認めなかったようです。

これにより感染力の強い猫パルボウイルスはどんどん広がり、8月1日までに合計5匹の猫の死亡が確認されました。

 

今回はTwitterにて(おそらく)従業員の誰かが告発ツイートを行ったから発覚したものの、もし誰も告発しなかったらかなりヤバかったですよね・・・

 

もし知らずに猫カフェに行った場合はそのウイルスをもらいますし、家でペットを飼っている人だったら移してしまうかもしれません。

 

あまりいないとは思いますが、「猫カフェ巡り」なんてしている人だったら他店の猫にそのウイルスを巻き散らしてしまう可能性だってあったわけですよ・・・

 

今後について

もし自宅で猫を飼っている飼い主さんで、最近猫カフェに行った方がいらっしゃいましたら念のために自分の飼い猫の様子はしっかり確認しておきましょう。

 

上にも書きましたが、猫パルボウイルスの初期症状は発熱や食欲不振であり、普通の風邪と勘違いしてしまう可能性があります。

 

僕はMOCHAには行ったことありませんが、こういう事件を見るとしばらく猫カフェに行く気は起こらないですね(;´Д`A ```

 

経営陣はしっかりやってもらいたいものです。

それでは、本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。