熱中症に負けないように対策するのだ!

熱中症の対策をしましょう!

f:id:bookreadkun:20180604113937p:plain

おはようございます。おーみんです。

早いもので2018年も6月に入り、気温も少しずつ高くなってきました。

本日の東京都の最高気温は約30℃を記録する予定であり、もう半袖でもちょうど良い感じですね!

暖かくなる分には構わないのですが、その分不安な点もあります。

「熱中症」

熱中症にも色々種類がある!?

熱中症にも色々な種類があるようです。

熱中症の種類|大塚製薬

以下は、大塚製薬さんのホームページからの引用になります。

熱失神→血圧が下がり、めまいや失神が起きる
熱痙攣→血液の塩分低下による筋肉痛や痙攣
熱疲労→脱水状態によって起きる倦怠感、頭痛
熱射病→体温上昇による意識障害、ふらつき

 熱射病はよく聞くのですが、他3種類は今回調べて初めて知りました。

熱中症の対策は水分補給と冷却グッズを中心に!

誰しもが熱中症にかかる可能性はありますが、普段からの対策によって防ぐことができます。今回は最低限やっておいてほしい対策法を2点ご紹介していこうと思います。

  • スポーツドリンクを中心に飲む

水分補給と言えば「水」が思い浮かぶかと思いますが、実は水だけではいけません。汗をかいた際に塩分や糖分等も身体から抜けていってしまうため、水分だけ補給すると体内の塩分濃度、糖分濃度等が下がってしまい、さらに身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

スポーツドリンクを飲む頻度としては「喉が渇いたら飲む」程度で良いかと思います。ポカリスエットやアクエリアスなどは常備しておきましょう。

 

  • 冷却グッズを用意しておこう!
暑い日差しや体温の上昇は様々な工夫で和らげることができます。日差しの強い日は日焼け止めクリームや帽子を忘れずに被っていくことや、日傘などを持ち運ぶのもアリでしょう。
少し、僕が大学生の頃やっていたことも紹介しておきます。その名も「氷タオル」
タオルを適度に濡らして軽く絞り、冷凍庫へ入れます。数時間立つと、程よく固まっているのでそれを首に当てながら涼んでいました(笑)
そこそこ長持ちしますのでオススメです!
・・・・
・・・・
ん?街中でやるの恥ずかしい?
確かにwww

まとめ

熱中症は炎天下で活動する中高生の部活時によく起きそうですが、普段の生活でも起きる可能性は十分あるでしょう。

夏バテなどが良い例ですね。全身の倦怠感や集中力の低下は上記で述べた熱疲労に当てはまるかもしれません。

周りが夏の暑さで活動量が落ちているのは、ある意味差をつけるチャンスですよ!精一杯の対策を行ってガンガン活動していきましょう!!

 

それでは!最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。