お金の使い方は投資脳と浪費脳で差が出る。

投資脳と浪費脳について

f:id:bookreadkun:20180602114700p:plain

おはようございます。おーみんです。

今日は少しお金の使い方について僕の意見を書いていこうかなと思います。

約1年前にも書いた記事なのですが周りで「お金がないお金がない」って言ってる人たちにはやはり共通点がある気がします。

結婚していて子育てにお金がかかるならまだしも、独身で金欠になる人はお金の使い方が下手なんですよねw

【金欠】お金がない人の特徴は浪費癖でしょうなぁ。 - おーみんのなんでもブログ

お金の使い方は投資・消費・浪費の3つ

お金には投資・消費・浪費と3つの使い方があります。

  • 投資→企業や自分の成長に期待して投じるお金
  • 消費→普段の生活を維持するために必須なお金
  • 浪費→その場限りの楽しみのために使うお金
消費に関しては誰しもが行わなければならないので仕方ありません。
 
ここでは投資よりにお金を使っている人を「投資脳」、浪費よりにお金を使っている人を「浪費脳」と呼ぶことにします。

投資脳か浪費脳か

僕はお金を使う際に必ず理由を付けます。

今から使うこのお金は自分の何の役に立つのか?お金を払うことによって自分に何か将来的なリターンが来るか?などなど。

株や仮想通貨を買うというのはもちろん投資ではありますが、普段の日常からも投資はできます。

例えば早く帰ればブログ等が書けるから特急に乗る、タクシーに乗るというのは投資と言えるでしょう。

今日は頑張った!美味しいご飯を食べて自分を褒めよう!みたいな感じで明日以降も頑張れるならこれも投資と言えます(ちなみに僕はご褒美系は一切やらないですがw)。

さらに分かりやすいのは資格でしょうか。「この資格を取ることで収入や労働の幅が広がる!」のであれば参考書を買ったりスクールに通うのは投資と言えます。

 

逆に浪費脳というのは、何となく疲れたから特急で帰る、タクシーで帰る。家に帰ったらダラダラ・・・これではお金を生み出すことに繋がりません。

給料が入ったからとりあえずキャバクラでも行きますか!というのも浪費でしょう(とはいえ、何か有益な情報が得られそうなのであれば投資と言えるかも・・・)。

結論

要はお金を使ってお金を生み出すことに繋がるのが投資であり、自分の欲求やその場限りの楽しみにお金を使うのが浪費です。

  • 投資脳→お金を使ってお金を生み出す
  • 浪費脳→自分の欲求やその場限りの楽しみに散財
別に浪費が悪いと言っているわけではありませんが、「お金がない」「金欠だー!」と叫んでいる人は自分の収入に見合っていない浪費している傾向にあると思います。

もう一度、自分のお金の使い方を見直してみましょう!

僕はお金持ちではありませんが、大学時代から一度も「金欠だー!」と騒いだことはありません。

結婚していて子育てにお金がかかる人ならまだしも、独身で金欠になるわけがないんですよw

【金欠】お金がない人の特徴は浪費癖でしょうなぁ。 - おーみんのなんでもブログ

ということで、今日も僕は自分に投資していきたいと思います。

 

では!最後まで読んでくださりありがとうございました。

よろしければ「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。