【決着か】日大アメフト部の悪質タックルは監督とコーチの指示。

日大アメフト部の悪質タックルについて

皆さんこんにちは!おーみんです。

「決着」

先日、日大アメフト部の悪質タックル事件にて、反則を行った宮川泰介が会見を行った際の速報記事を書きました。

この時に宮川選手自身の口から「反則は監督からの指示だった」との発言がありましたが、その後の記者会見にて内田正人前監督と井上奨前コーチは否定していました。

「食い違う意見」

とはいえ、内田前監督と井上前コーチの会見はあまりにも不自然かつ曖昧な供述しかなかったために「明らかに日大側が嘘をついている」と世間では非難されていました。

今回は急遽日本大学の学長が都内で記者会見を行ったため、その内容を見ていきたいと思います。

 開始早々の乱入事件

まさかでした・・・

記者会見が始まった直後、いきなり最前列の女性(自称72歳)が学長の方へ乱入します。何でも記者会見には関係者しか入れないはずなのですが、この女性は「名刺も出さずにスーッと入った」と供述していることから日大側の事前確認不足が露呈してしまいました。

日大 再びドタバタ劇…学長会見に一般人女性が乱入 宮川選手には謝罪 サポート約束(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

女性は「ああいう良い子を潰したのはあいつらだ」と怒り気味だったらしいのですが、そんなのをこの場で時間を割いてまで言うのは止めてほしいですね。しかも学長に言ってもなww

追い込んでしまった責任を痛感している

会見にて学長は宮川選手に対して謝罪を行い、「本人の意向があれば卒業後の進路まで力を注ぐ」とサポートも約束しました。

宮川選手はまだ20歳です。顔出し&実名公表もされて記者会見も行うなど、今後の就職活動にも影響が出てしまうかもしれません。そこをサポートしようというのですな・・・

 

とはいえ、彼の記者会見は20歳とは思えないほど言葉遣いもしっかりしていたし、答えてはいけない内容はしっかり踏みとどまっていたりと、前監督・コーチ顔負けの会見を行ったので世間の企業からは良い印象だったと思うんですけどね・・・

 

実際に高須クリニックの高須克弥院長も「高須グループがほしい人材です」と評価していましたし!

高須院長 日大加害選手「ほしい」 ボートレース振興会会長も獲得に名乗り/芸能/デイリースポーツ online

 

監督とコーチが反則の指示を出していたと正式に決定

今回の事件に関して、関東学生連盟の規律委員会が「反則は監督とコーチの指示」と認定する方針を固めました。

日大側が何と言おうと、これでもう言い訳はできないでしょう。

どんな処分が待っているんでしょうか。

気にはなりますが、個人的には今回の事件に決着がついたと思っているのでもう情報を追うことはしません。

おまけ

今回の事件を安倍政権と重ねて発言する人が一部いるようです。

 

くだらねwwwwww

 

ということで、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。