【速報】悪質タックルは「監督の指示」日大の宮川泰介選手が会見

悪質タックルは「監督の指示」と会見

皆さんこんにちは。おーみんです。

先日、日本大学vs関西学院大学のアメリカンフットボールの試合で日大の選手が関学の選手に悪質なタックルをした件についてまとめた記事を書きました。

5月22日(火)の記者会見で関学の選手にタックルをした日大の宮川泰介選手は「悪質タックルは監督の指示」と説明しました。

審判の笛は聞こえていた

宮川泰介は相手選手へ後ろからタックルをしたときに「相手選手がボールを既に持っていないことを知っていた」と発言しました。

ただし本人がスポーツマンシップにのっとった行為なのか、それとも暴力行為だと意識して行ったかの質問については法律に触れるため明言は避けています。

試合前日に「相手を潰せば試合に出してやる」と言われた

宮川選手は「試合前日の練習後にコーチから『お前をどうしたら試合に出せるか監督に聞いたら相手のクオーターバックを潰せば出してやるとのこと』と言われた。」とも明言しました。

一方の日大アメフト部(元)監督の内田正人氏は選手にタックルを指示したことについては一切回答していなかったために、今後また大きく取り上げられそうです。

アメフト部は退部し、続けることはない

宮川選手は現時点で日大アメフト部を退部する意思を部内には伝えているそうで今後もアメリカンフットボールをすることはないとも発言しました。選手にタックルをし、ベンチに戻った際も涙を流していたという情報もあり、本人も相当辛かったのでしょう。

記者会見では記者から「指示をされたから(悪質タックルを)やってしまったわけであり、君自身のせいではないんじゃない?と部内の人に言われたとしたらアメフトを続けますか?」との質問にも「続けるつもりはない」と答えました。

宮川選手はまだ20歳。将来への期待と可能性が満ち溢れているにも関わらず、監督やコーチの最悪な指導のせいで閉ざされてしまうなんて第三者である僕にとっても悔やまれます。

選手を「もの」扱いしていたからこそ起きた事件

野球漫画「メジャー」の高校編でも、対戦相手チームの監督に指示された相手選手が主人公の茂野吾郎の右足に重症の怪我を負わせて、精神的に耐えられなくなり退部しました。漫画だけの世界かと思いきや、現実でも起こってしまうとは何とも許せない出来事です。その漫画の相手チーム監督は選手を「もの」扱いしていましたが、日大の監督・コーチも選手を「もの」扱いしていたのかもしれません。

日大が関学大へ24日を期限に、今回の事件経緯や説明を行うとのことですが、どんな意見がなされるのか注目していきたいと思います。

このような事件は二度と起こしてはいけない

今回の事件の真相について、タックルを行った選手自身が記者会見にて「監督指示」と明言したことから、事件の真相がかなり明らかになったと思われます。まだ20歳の学生が顔出しでかつ実名も公表して会見を行った勇気は無駄にしてはならないでしょう。

 普段スキャンダルを起こした人へのネットの中傷は行き過ぎたものも見られますが、今回の事件に関しては徹底的に叩いていく必要があると思っています。

こういう監督は将来の有望な選手を潰し、業界のイメージすら一気に悪くしてしまうためにしっかりと改善するためにも手を緩めてはいけないでしょう。

僕も今回の事件に関しては積極的に情報を追っていこうと思います。

 

では!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「読者になる」ボタンや「はてなブックマーク」ボタンも押していただけると嬉しいです。