TikTokで桐谷健太さんの「海の声」を歌ってみました~!

TikTokで「海の声」を歌ってみました!

f:id:bookreadkun:20180717134328p:plain

おはようございます。おーみんです。

先日TikTokに初めて動画投稿をした記事を書きました。

www.bookreadkun.com

あれから少しずつ動画を投稿しているのですが、今回TikTokのおすすめタグで「#歌うま」というのがあったので歌を投稿してみました!(といってもアカペラですがw)

 

※「おすすめタグ」というのは、TikTok側から「こういう動画撮ってみたら~?」みたいな感じで色々オススメされるものです。他にも「#だれでもダンス」みたいなダンス動画みたいなものもあるのですが、今回はこの「#歌うま」に挑戦してみました!

 

とはいっても上限15秒しか撮れない・・・

さっそく動画を見てみましょう。

以下のリンクから見ることができます!

http://vt.tiktok.com/jYrh9/

僕、別でSmuleというカラオケアプリもやっているんですが、TikTokで歌も歌えるならTikTokのみでいいかな~なんて考えていました。

ただし実際に使ってみるとTikTokで歌動画を出すメリットとデメリットどちらも感じたのでちょっとまとめておきます。

【メリット】

  • Smuleよりもアプリ使用者が多いので閲覧数が多い
  • アカペラでも投稿できるので超気楽

【デメリット】

  • 15秒しか撮れない
  • 音源を使用する場合は自分で用意しなければならない

 

まあこんな感じですかね~。

やっぱりちゃんと歌動画を投稿するならSmuleのほうが良いです。音源も豊富にありますし!

 

たくさんの反応に感謝!

TikTokでもフォロワーさんが少しずつ増えてきて閲覧数も上がってきました。今回の動画でも色々な方からコメントもいただけましたし、とても嬉しい!

満足満足♪♪

f:id:bookreadkun:20180730160720j:image

f:id:bookreadkun:20180730160730j:image

f:id:bookreadkun:20180730160744j:imagef:id:bookreadkun:20180730160754j:image

 

まだまだフォロワーも少ないので「いいね」数もコメント数もこれくらいですが、これからもっと増やしていけるように頑張っていきたいと思います。

SNSマーケティングのやさしい教科書。 Facebook・Twitter・Instagramーつながりでビジネスを加速する技術

SNSマーケティングのやさしい教科書。 Facebook・Twitter・Instagramーつながりでビジネスを加速する技術

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。