【Unity】C# 変数の計算と制御文

Unityで使うC#の変数と制御文について

おはようございます。おーみんです。

前回のUnityブログでは、プログラミング言語C#の基本的な構成と型について説明しました。

【Unity】C#の構成と変数 - おーみんのなんでもブログ

今回のUnityブログではC#の変数の計算と制御文(if文)の説明をしていきたいと思います。

なお、以下の本を参考としています。

Unityの教科書 Unity 2017完全対応版

Unityの教科書 Unity 2017完全対応版

 

変数の計算

C#では以下3パターンの変数の計算を行うことができます。

  1. 数字+数字
  2. 数字+文字
  3. 文字+文字
それではそれぞれのパターンにおけるプログラムを見ていきましょう。
※startメソッドのみ記載しています。
----------------------------------------------
1.数字+数字
void start() {
    int answer;
    answer = 5 + 3;
    Debug.Log(answer);
}
結果→8
----------------------------------------------
----------------------------------------------
2.数字+文字
void start() {
    int num = 23;
    string str = "kasoutsuka";
    string message = num +  str;
    Debug.Log(message);
}
結果→23 kasoutsuka
----------------------------------------------
----------------------------------------------
3.文字+文字
void start() {
    string str1 = "kasoutsuka";
    string str2 = "Lisk";
    string str = str1 + str2;
    Debug.Log(str);
}
結果→kasoutsuka Lisk
----------------------------------------------
string型が文字を表し、int型が整数を表しています。

制御文(if文)

今までは、ただ数字や文字を入力してDebug.Log()で出力していましたが、if文を用いるとプログラミングに「条件」を付け足すことが可能になります。

それではプログラムを見ていきましょう。

----------------------------------------------

void Start() {

    int money = 200;

    if(money <= 50) {

        Debug.Log("何も買わずに帰る");

    } else if (money >= 400) {

        Debug.Log("弁当を買う");

    } else {

        Debug.Log("おにぎりを買う");

    }

}

結果→おにぎりを買う

----------------------------------------------

上のプログラムは手持ち200円でコンビニに行った際の処理を書いています。

if文に50円以下しかなければ「何も買わずに帰る」を、else if文に「400円以上持っていたら弁当を買う」を、else文にそれ以外の場合(50円より多く400円未満)は「おにぎりを買う」という条件を書きました。

今回はプログラムの最初にint money = 200と定義しているので200円持っていたことになります。よって結果は「おにぎりを買う」となりました。

まとめ

if文が入るだけでだいぶプログラムの幅が広がってきました。他にもfor文などの様々な制御文があるのですが、それはまた次回に持ち越したいと思います。

次回のUnity記事の予定はfor文と配列です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

よろしければ「読者になる」ボタンを押していただけると嬉しいです。