メタルラックを用いて押し入れを使いやすくするよ~!

メタルラックを用いて押し入れを快適に使おう!

おはようございます。おーみんです。

現在実家に帰ってきているのですが、今日は父親と押し入れの整理を行いました。

昔ながらの押し入れって結構深いので物を置くときの配置が難しいんですよね・・・

ちなみに我が家の押し入れはこ~んな感じです。

f:id:bookreadkun:20180614200457j:image

昔はここに敷布団やらを畳んで入れていたらしいのですが、今はベッドが主流なためにわざわざ畳んで入れたりはしません。

そこで今回はメタルラックを用いて押し入れの中を整理しようということになりました。

「どうゆうこと?全然イメージが湧かない。」という状態になると思うので先に完成した形をお見せします。

f:id:bookreadkun:20180614200855j:image

こんな感じでメタルラック(金属棚)を二つ押し入れに入れました。こうすることで棚の上、下などに色々な荷物をまとめて整理することができるようになります。

今回はこのメタルラックを組み立てるまでの過程をブログに書いていきたいと思います。

商品紹介

f:id:bookreadkun:20180614201150j:image

 

アイリスオーヤマ メタルラック 高さ100cm ポール 径25mm MR-100P

アイリスオーヤマ メタルラック 高さ100cm ポール 径25mm MR-100P

 
アイリスオーヤマ メタルラック 棚板 ポール径25mm 幅75×奥行61cm 耐荷重125? MR-7560T

アイリスオーヤマ メタルラック 棚板 ポール径25mm 幅75×奥行61cm 耐荷重125? MR-7560T

 

3段~5段のメタルラックはポールと棚板がセットで販売されていたのですが、僕らが作った2段のものはセットでなかったために材料を個別で注文しました。

組み立て開始!

f:id:bookreadkun:20180614201825j:image

まずはポールを繋げていきますよ~!これは普通にネジタイプなので普通に手だけでセットできます。

f:id:bookreadkun:20180614201956j:image

こんな感じで長くなりました!

下に転がっているポールが見えるのですが、2本1組となっているのでいちいち繋げなくてはなりません・・・

f:id:bookreadkun:20180614202210j:image

さあ、お次はこの変な黒い物体を先ほど繋げたポールにくっ付けていきますよ~!

特に塗るものは必要ありません。

この黒い物体がしっかりはまっていると棚板とポールがしっかりフィットします。

f:id:bookreadkun:20180614202239j:image

こんな感じでポールに固定したら・・・

f:id:bookreadkun:20180614202710j:image

さあポールに差し込んでいこうー!

f:id:bookreadkun:20180614202810j:image

黒くなっている部分が先ほどポールに付けた黒い物体です。

ポールと棚板がフィットするようにストッパー的な役目を果たしていますね!

もう一つの棚板も同じようにポールを通して完成です。

f:id:bookreadkun:20180614203105j:image

だいたい20分程度でしょうか?

特別な器具も必要なく、簡単に組み立てができました(*'▽')

今回は2人で作業しましたが、1人でも組み立ては可能だと思います。

押し入れへ移動

f:id:bookreadkun:20180614200855j:plain

最初にも見せましたが、最終的にはこんな感じで押し入れに収納しました。

良い感じでしょ??

しかしながら唯一大変な点もあり、それは金属ゆえに重いというところでした(;´Д`A ```

もちろんある程度の筋力があれば何ともないのですが、誰でも持ち上げて押し入れに入れることができるとは言えないですね・・・

僕と同じような使い方をする方は、そういう大変さがあるとだけ分かってもらえればいいかなと思います。2人なら大丈夫ですよ!(笑)

まとめ

昔ながらの家だと押し入れが深いところが多いと思います。

今だと暮らしも変わってきているので、時と場合によっては深い押し入れは扱いに困るかもしれません。

そんなときにこんな感じで棚を置いて適当な配置スペースを作ってあげると物も置きやすそうですね~。

ぜひ同じような感じで困っている方がいらっしゃいましたら参考にしてみてください!

 

個別で買うのは面倒という方は以下のセットをお勧めします(∩´∀`)∩ 

ではでは!最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。