【仮想通貨】ビットコインは60万円を割らないと私が思う理由

ビットコインは60万円を割らない理由

おはようございます。おーみんです。

2018年6月15日現在、ビットコインの価格は少し回復していますが、いまだ下落相場が続いています。一時1BTCの価格は70万円を切ることもあり、界隈では40万円まで下がると言われたり、中には20万円まで下がると予想している人もいます。

全体的に下目線の人が多く、ビットコインのポジションにおけるロング(買い)とショート(空売り)の割合を見ても、ショートが多くなってきていることが分かります。

f:id:bookreadkun:20180615080947j:image

Bitcoin & crypto currency market data and sentiment - Datamish.com

 

上図は仮想通貨取引所BITMEXにおけるロングとショートの比率です。

今まではロングの割合が7割ほどだったのですが、最近はほぼ2つの割合が変わらないくらいにまで接近しています。

それだけ価格が下がると予測している人が増えていることですね。

ビットコインのマイニングにかかる電気代

ビットコインにはマイニングというシステムがあり、個々人の取引データを承認する際に暗号問題みたいなものが出題されます。その暗号問題を1番最初に解いた端末(PCなど)が取引データを承認し、かつ報酬としてビットコインを受け取ります。

しかしながらその暗号問題はとても難しく、CPUを用いて大量の計算を行うので電気代がかかります。

そういう面倒な計算に挑戦してくれる端末たちを「マイナー」と言います。もちろんマイナーはボランティアで作業を行っているわけではなく、暗号問題を解いて手に入れる報酬が電気代を上回るからこそ参加しているのです。

つまり、ビットコインがある一定の価格を下回るとマイナーたちは赤字になってしまい、「作業やーめた!」となってしまうわけです。

 

もし、マイナーが作業を放棄したらどうなるのでしょう?

そうです。個々人の取引を承認する人が減ってしまい、ブロックチェーンの仕組みが崩れます。承認する人が減ってしまうということは、それだけ悪意を持った参入者がデータの改ざんを行いやすくもなります。

仮想通貨の基軸であるビットコインがそうなってしまった場合、まずほとんどの仮想通貨の価格が大暴落するのは確実でしょう。

ちなみにマイニング報酬が電気代にかかるコストに見合わなくなってくるのが1BTC=60万円付近です。

もちろん電気代は各国で変わってくるので実際には前後しますが、今のマイニング難易度ですとこんな感じでしょう。

以下の記事でも米投資機関のCEOがマイニングコストの目安は5900ドル~6000ドル前後としています。

ビットコイン、急落してもビヨンセより人気? 米投資機関、「サポートラインは6500ドル」 - ITmedia ビジネスオンライン

実際にマイナーが減ってきている!?

上のツイートからもビットコインの価格暴落による送金詰まりが分かるかと思います。以前は価格高騰によるビットコイン保有者の増加で送金詰まりが起きていましたが、今回は価格暴落による送金詰まりとなっています。保有者は減っているはずなのに送金詰まりが起きている理由はまさにマイナーの事業撤退でしょう。

機関投資家が放っておくわけがない

もし基軸通貨であるビットコインの価格が暴落した場合、他の通貨も暴落しますが機関投資家がそんな状況を許すはずがありません。

今やビットコインは先物取引も出ており、ETFに申請するほどまで大きな金融市場になっています。

ここでビットコインが崩壊すると、機関投資家は大損を被ります。それだけでなく、バイナンスを始めとした仮想通貨取引所も大損を食らいます。

仮想通貨は実需も伴ってきており、これから我々の生活にも浸透してくるでしょう。よって基本的には時価総額は上昇していくのが前提です。必ず機関投資家たちは買い支え続けるでしょう。

その目安が先ほども書いたようにビットコイン60万円付近というわけです。

まとめ

ビットコインはこれまで約300回「終わった」と言われ続けてきました。

最初に言われたのは2010年です。

もちろん将来的にイーサリアムなどに時価総額は抜かれるかもしれませんが、ビットコインの価値がなくなるとは私は全く思っていません。

黎明期に批判は付き物です。インターネット黎明期の90年代後半も「ITなんて怪しい」と言われていましたよ!

価格は下がっていますが、私は容赦なく買い増ししていきます。

まあ私の推しはLiskなんですけどね!(笑)

 

ということで、今回は基軸通貨であるビットコインについて私の考えを書きました。

もし60万円を割るとなると、マイナーが一気に減るので恐ろしく価格は大暴落するでしょう。そうはならないよう期待したいと思います。

皆さんも仮想通貨について一緒に勉強しましょう!勉強すれば仮想通貨が将来確実に世の中に浸透することが想像できるはずです。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

 
5000円ではじめる仮想通貨投資入門

5000円ではじめる仮想通貨投資入門

 

 

では!最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。