「人工知能と経済の未来」を読んで

『人工知能と経済の未来』

おはようございます。おーみんです。

それにしてもこのブログではTwitterと違って仮想通貨以外に関する情報が得られるので知識の幅が広がって楽しいです(#^^#)

これからもたくさんの方々とブログを通して仲良くなっていければと思います。

それでは、今回はこの本を読んだ感想を書いていこうと思います。

書籍紹介

f:id:bookreadkun:20170521230211j:plain

『人工知能と経済の未来』(井上智洋 文春新書 800円+税)

『人工知能と経済の未来』を読んだ感想

現在、人工知能についての研究が活発化しています。

世界的に様々な企業が開発競争を行っており、その技術を最初に実現し導入した国が世界の覇権を握ってしまう可能性さえあります。

 

もし人工知能が普及した場合、今現在ある職業の約49%はなくなるだろうと言われています。当然失業者が多数出て貧困者が続出するでしょう。

そこで著者は「ベーシックインカム」の導入を提案しています。

 

ベーシックインカムとは、収入の水準によらずに全ての人に無条件に、最低限の生活費を一律に給付する制度のことです。もし導入されたら万が一失業してしまっても、収入がなくなることはないのでまた新しい職を探すのに少しは余裕がでてきますね。

 

もちろんベーシックインカムと言っても、高額な金額を国民に配ってしまうと誰も働かなくなる(そもそもそんな財源ないと思うけどw))ので、そこは慎重に探る必要はあります。

もちろんそのためのお金はどこから出てくるのか、というような話もしたいのですがグラフや細かな計算など、ここに書くと量が多くなるので割愛します。

著者の井上さんが本の中で解説しているので気になる方はぜひ。

 

AIが出てくると貧富の差はさらに広がるだろうし、また今では予想できない問題も出てくるのかなぁ~。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ「読者になる」ボタンも押していただけると嬉しいです。