勝間和代さんから学ぶ「有名人になる」リスク

おはようございます。おーみんです。

「有名人」

有名人になりたいなー!なんて思う方は一定数いらっしゃると思います。僕も同じです。有名人になれば自分の意見がダイレクトに世の中に広まるし良いことだらけじゃんと思っています。しかしながら不特定多数に顔が知られているためにリスクはあり、一概に良いこととは言えないようです。

今回は勝間和代さんの本から有名人について学んでみましょう。

f:id:bookreadkun:20170604185920j:plain

『「有名人になる」ということ』(勝間和代 携書 1000円+税 221ページ)

本の目次

第1章・・・「有名人になるということ そのメリットとデメリット」

第2章・・・「有名人になる方法」

第3章・・・「有名人をつくる人たち」

第4章・・・「『オワコン』有名人としてのブームが終わるとき」

本の内容

勝間和代さんが数年間で体験した「有名人になる」という体験について当事者の視点からまとめたものです。

2008年5月にはじめた「有名人になる」というプロジェクト。目標としていた「紅白歌合戦出場」と「金スマ」の特集を見事果たし、勝間さんのプロジェクトは成功に終わりました。

ただし有名人になったからこそ、様々なデメリットも生じました。

私生活でも様々な人から視線を集めるため、外食はいつも個室で電車もグリーン車か扉のほうでドア向きに立つというなかなかストレスのたまる生活でした。ネットではあらゆる批判を受け、勝間さんの乗ったバイクは「勝間バイク」と揶揄されることも。

有名人になったらどんなメリットがあるのか、そして一発屋で終わらないためにはどうすればいいのか?この本に全てが集約されています。

本を読んだ感想

僕が勝間さんを知ったのはYoutubeで2チャンネルを開設した西村博之さんと対談している動画を見たときでした。元々西村さんが好きで、その討論も西村さんが正論を言っている感じだったのですが、この動画がきっかけで勝間さんの他の動画も見るようになりました。

色々な番組で金融経済のことを話しているのを聞いていると、今まで凄く勉強してきたことや、伝え方の上手さが感じ取られます。

この本を読んでみて、有名人って大体こういう考え方なのかな~と曖昧に考えていた僕の中の思考がより鮮明に、しかも具体的になりました。

僕らが普段仕事で使っている「PDCAサイクル」や「どの市場を攻めるか」というものを有名人になるという視点でも同じように用いていて勉強にもなります。

誰でもいきなりは成功しません。改良に改良を重ね、そして継続し続けた人が成功していくんだと学びました。

こんな人に読んでほしい!

・有名人になりたい方

・有名人の考え方を知りたい方

・事業を起こそうと思っている方

 

 

勝間さんの努力は凄いなぁ~・・・見習わなきゃ!

 

この記事を読んで良いなと思っていただけたら下の☆+ボタンを押してもらえる嬉しいです。また、このブログは毎日更新しているのでぜひ「読者になる」ボタンを押してほしいです(*'▽')

よろしくお願いします!!