できる男は超小食!空腹が生む圧倒的な活力

おはようございます。おーみんです。

皆さんは1日何食食べていますか?一般的には3回でしょうか?

僕は普段1日2食食べています。朝昼兼用の食事を12時頃、そして夕飯を19時頃に食べています。3食食べていた時期もあったのですが、ちょっとお腹いっぱいになりすぎて適度な頻度を自分で探した結果、今のようになっています。

しかし、世界には驚くことを言う人もいるようで・・・今回は少し意外な(?)ことを書いている本について読んだ感想を書きたいと思います。

書籍紹介

f:id:bookreadkun:20170417215913j:image

『できる男は超少食』(船瀬俊介  主婦の友社)

超少食とは?

僕らは基本的に1日3食を基本としていますが、この本では1日1食を推奨しています。

えっ!1食!?って感じですよね笑

つまり、僕ら一般的な人間が摂取すべき1日のエネルギー約2000kcalをたった1食で摂取しろということでしょうか?

実は著者の船瀬さんはこの1日約2000kcal摂らなければいけないという考え自体を否定しています。

船瀬さんは、食事の量よりは小腸や大腸が空っぽになる時間を作り、腸を休ませることに重点を置きました。僕らが1度食事を摂ると、その食べ物が消化されて体外に排出されるまでには、約12〜18時間かかります。つまり、1日3食食べると、腸が空っぽになる時間がありません。僕らが寝ているときも腸は働き続けているのです。

船瀬さんは本の中でも、実際に1日1食を実践して若返ったり、身体が元気になったという人を紹介しています。

これを読んで僕が思ったことは、正直・・・100%賛成はできないかなって思っています。

なぜなら、色々ネットで調べましたが、1日3食食べる方が良いという方々もたくさんいますし、その意見や根拠にも賛成できるからです。船瀬さんの意見も理解はできますが、本当に1日1食で大丈夫だとは思えません。。。

僕の場合は1日2食ですが、さすがに1食だけとなるとかなりしんどいでしょう笑

皆さんは1日何食食べていますか?もし1食だよーという方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて頂きたいです。どんな私生活を送っているのか、なぜそんなにエネルギー消費の効率が良いのか、凄く興味があります。

あっ!あとこの記事が良いなと思って頂けたらぜひ下の☆マーク(お気に入り)を押して欲しいです。

また、このブログは毎日更新しているので、よろしければ「読者になる」ボタンを押していただけると嬉しいです。

よろしくお願いします(o^^o)